広島のプリザーブドフラワー教室、フラワーアレンジメント教室

プリザーブドフラワーについて

話題の枯れない花、プリザーブドフラワーとは

黄色いバラの写真

生花をいつまでもみずみずしく、美しく保つための製法。

それが『プリザーブド』であり、これを施した花こそ『プリザーブドフラワー』です。

表記から『ブリザーブド』『ブリザード』と間違えられることもありますが、プリザーブドには”保存された”と言う意味を持つため、意味が大きく異なってしまいます
(特にブリザードフラワーでは”猛吹雪の花”になってしまいます)。

ついでにドライフラワーとも間違われますが、砕けやすく劣化が早いというドライフラワーの欠点を、技術や薬剤で克服したのがプリザーブドフラワーと考えてください。

ただ、まるで凍らせたかのようにいつまでも美しさを保ち続ける花は、贈り物にも最適です。

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

フラワーアレンジメントの写真

ドライフラワーとプリザーブドフラワー。どちらも保存用の花ですが、製法と出来が大きく異なります。

ドライフラワーは花や草木を自然乾燥(あるいはシリカゲルなどの脱水剤)でそのまま乾燥させる手法。

対してプリザーブドフラワーは一度花の樹液を抜いた後、特殊な染料を吸わせてから乾燥させます。

ここで使われる保存液に含まれるグリセリン成分がみずみずしく、柔らかい質感をキープできるのです。

手間暇を考えるとドライフラワーに軍配が上がりますが、いつまでも美しく鮮やかな花を得たいのであればプリザーブドフラワーが一番です。

プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーの歴史は浅く、1991年にフランスのヴェルモント社が特許認定を取得したことが始まりです。

いつまでも美しい状態をキープすることができるプリザーブドフラワーは、豊富な色合いと柔らかさが生花デザイナーの目にとまり、ヨーロッパで一役ブームとなりました。

近年では制作方法も研究され、材料さえあれば誰でも作ることができる花になっています。

ギフト用のアレンジメントはもちろん、ウェディングブーケとしても使われています。

お問い合わせはお気軽に TEL:090-6410-5009

Information

アトリエ ローズママ
〒731-5102
広島県広島市佐伯区五日市町石内6446-6
Access map >>

プリザーブドフラワー教室やフラワーアレンジメント教室を広島でお探しでしたら【アトリエ ローズママ】に一度お問い合わせください。
一人一人の感性を大切に楽しくレッスンをしたいと思っています。

  • 090-6410-5009
  • MAILFORM

ページの先頭へ